葬儀の準備

葬儀の準備と流れ一覧!遺族がやるべきことを解説

葬儀は頻繁に行うものではないので、実際に葬儀に向けてどういった準備が必要か分からない人もいるでしょう。
葬儀に向けて葬儀社を選んだり、葬儀社と打ち合わせを行ったりする以外にも、遺族がやるべき準備はたくさんあります。

そこでこの記事では

・臨終から通夜直前までの葬儀の流れと準備
・通夜直前から通夜開始までの葬儀の流れと準備
・葬儀までに遺族で決めておくこと
・葬儀の準備をするうえでの注意点

などを詳しく解説していきます。
この記事を参考に、早めに葬儀の準備をすることで納得できる葬儀にすることができます。

 

1、葬儀の準備と流れ(臨終~通夜直前まで)

葬儀というのは細かく分けると通夜や告別式などに分類することができます。
これらの準備として、臨終から通夜直前までには遺体の搬送などが必要です。

そこでここからは、臨終から通夜直前までの葬儀の流れを紹介しつつ、やるべき準備を解説していきます。

1-1. 死亡診断書(死体検案書)を書いてもらう

病院で亡くなった場合、医師に死亡診断書を書いてもらう必要があります。

死亡診断書は、遺体を自宅または斎場に搬送するのに必要になるため必ず必要です。
死亡診断書を持っている人のみが寝台車に同乗することができます。

また、もし病院ではなく、自宅で亡くなった場合はかかりつけ医に死亡診断書を書いてもらうか、かかりつけ医がいないのであれば警察・救急隊に連絡して解剖などの過程を経てから死体検案書(死亡診断書の代わり)をもらいましょう。

1-2. 遺体を搬送する前の処置を行う

遺体を自宅もしくは斎場に搬送する準備として、末期の水・清拭・死化粧が行われることが多いです。

病院から遺体を搬送する場合、一般的には病院の遺体安置所に移されます。それから、自宅や斎場に遺体を搬送する前に、搬送を担当する葬儀社もしくは病院関係者によって以下の処置が行われます。

・末期の水
・清拭
・死化粧

「末期の水」は、筆の先などに水をつけて遺族が故人の唇を潤す儀礼です。血縁の近い人から順に行います。

「清拭」は、遺体をアルコールやお湯で拭いて清める儀礼です。昔は風呂に入れて体を清めていたようですが、最近ではアルコールなどで拭くだけで終わらすことが多いです。

「死化粧」は、遺体のひげをそったり、口紅やほお紅をさしたりして生前に近い顔色にしていく作業で、看護師もしくは葬儀社のスタッフが行ってくれる場合があります。

1-3. 遺体の搬送場所と葬儀社の手配をする

病院で亡くなった場合、遺体の搬送場所と搬送を依頼する葬儀社の手配をする必要があります。
自宅か斎場のどちらに搬送するのか決めたうえで、葬儀社に搬送を依頼します。

また、遺体の搬送は葬儀社に依頼することになりますが、依頼するときには搬送だけなのか葬儀までお願いするのかはっきり伝えることが大事です。

基本的には搬送する葬儀社は病院から紹介されたところを利用することになりますが、必ずしもその葬儀社で葬儀まで行う必要はありません。別の葬儀社に葬儀を依頼したいなら、搬送時にちゃんと意思表示をしてトラブルにならないようにすることが大事です。

1-4. 遺体を安置する

病院などから遺体を搬送したら自宅もしくは斎場で安置することになりますが、地域の風習や文化にもよりますが枕飾りや枕経を読経してもらうケースがあります。

枕飾りは遺体の枕元に置くお供え物のことを指し、一般的には葬儀社が準備してくれることが多いです。
枕経はお坊さんにお経を唱えてもらうのですが、宗派によっては省略されるケースもあります。

 

2、葬儀の準備と流れ(通夜直前~通夜開始まで)

葬儀では通夜を行うことが多いですが、通夜を行う前には喪主を決めたり、葬儀社と打ち合わせをしたりと準備が必要です。
特に葬儀社との打ち合わせは、葬儀の内容にも関わるので重要。

そこでここからは、通夜が開始されるまでに考えられる準備について詳しく解説していきます。

2-1. 死亡届を役所に提出する

臨終すると死亡診断書もしくは死体検案書が発行されますが、死亡診断書を持参して自治体の窓口に行き死亡届を提出する必要があります。

死亡届は法律で死亡の事実を知って7日以内に提出しないといけない書類で、親族や同居人、家主、地主などが提出可能です。ちなみに、死亡届を提出しないと火葬許可証が発行されません。

火葬許可証がないと、火葬ができないので死亡届はしっかりと提出する必要があります。

2-2. 喪主を決める

通夜や葬儀が始まる前には、遺族の中から喪主を決める必要があります。

喪主は葬儀の代表であり、喪主の挨拶をはじめさまざまな役割を担う立場です。
喪主の選び方としては、一般的には以下の優先順位で決められることが基本になります。

① 故人の配偶者
② 長男・長女
③ その他の子ども
④ 故人の両親
⑤ 故人の兄弟姉妹

絶対に上記の基準で決めなければいけないというわけではありませんが、風習としてはこうなっています。
また、喪主は葬儀での窓口役になることが多く、会葬者の受付や対応なども担当することが多いです。

葬儀では喪主の負担が大きくなるので、他の遺族関係者は他の部分をサポートしてあげることが大事です。
会葬者のお相手や受付などを手伝ってあげると良いでしょう。

2-3. 葬儀を行う葬儀社を決める

葬儀を行うなら葬儀社選びは必須です。

病院で亡くなった場合、病院の提携している葬儀社を紹介されるケースが多いですが、必ずしもその葬儀社を利用する必要はありません。場合によっては、紹介された葬儀社の料金が割高ということもあるので、他の葬儀社も検討すべきでしょう。

また、葬儀社といっても

・専門葬儀社
・冠婚葬祭互助会
・JAや生協系列の業者など

などさまざまな種類があります。
利用できる地域内にある葬儀社が限られている場合や風習的に利用する葬儀社が決まっている場合などもあるとは思いますが、遺族の方同士で話し合って葬儀社を決めると良いでしょう。

2-4. 葬儀社との打ち合わせを行う

葬儀の準備として最も大切で大変なのが葬儀社との打ち合わせです。

葬儀社との打ち合わせで主に

① 葬儀の種類
② 葬儀の日程・場所
③ 通夜の飲食物の種類
④ 遺影選びなど

などを決める必要があります。

まずは、葬儀の予算や参列者の予想人数などを話し合い、葬儀の種類や規模、形式を決めます。一般葬から直葬までさまざまな葬儀の種類があるので、あらかじめある程度目星をつけておくとスムーズです。

また、葬儀の種類が決まったら、葬儀の日程や場所を決めます。遠方から参加する遺族が参加しやすい日程を考慮して決めると良いでしょう。

さらに、通夜では参列者のために料理や茶菓子、飲み物が振る舞われますが、それらの種類や料金なども決めます。

加えて、葬儀では遺影を使用するので、遺影を選択する必要があります。
遺影は多少背景が入っていても加工して使用できるので問題ありません。また、遺影を選ぶときには、故人の自然な表情の写真を選ぶのがポイントです。

生前に遺影用の写真を撮影しておくと困りません。

2-5. 訃報の連絡をする

葬儀の日程や場所が決まったら、親族や友人、会社の関係者などに訃報を伝える必要があります。
特に家族や親族には出席できるかどうかや、手伝いを頼めるかなどを確認する必要があるので、早めに連絡をするのが大切です。

また、葬儀の内容が決まった時点で誰に連絡するのか決めたり連絡先を探したりしていると、連絡がいきわたるまでに時間がかかります。それに慌てて連絡すると連絡漏れが発生する可能性もあります。

そのため、準備の時間があるのであれば、あらかじめ葬儀の連絡をする人たちの連絡先をまとめておくと良いでしょう。

2-6. 納棺をする

自宅に搬送した遺体は安置していますが、遺体を清めた後、死装束を着せて納棺します。

納棺するときには、花などを詰める以外にも故人の思い出の品や好きだったものなどを入れることができます。
納棺までに何を入れるのか考えておくと良いでしょう。

ちなみに、納棺時には何でも入れられるわけではありません。葬儀社によって異なりますが、金属類などは入れられないケースもあるので、事前に葬儀社に確認しておくと良いでしょう。

 

3、葬儀のために遺族で決めておくべきこと

葬儀の準備をするときには、遺族の方同士で協力しながら行うことが大事です。
そんな中で、葬儀のために遺族で決めておくべきことがあります。

葬儀となると普段は別々に暮らしている親族などが一堂に会するわけですが、事前に決めごとをしていないとトラブルになるケースもあります。

そこでここからは、葬儀のために遺族で決めておくべきことを解説します。

3-1. 葬儀での役割分担

葬儀を行う前には、遺族間でしっかりと役割分担をしておくことが大事です。
葬儀をするにあたっては以下のような役割があります。

① 喪主
② 受付係
③ 会計係
④ 接待係
⑤ 台所係など

基本的には喪主を中心に葬儀を行うので、喪主が担う作業は多いです。会葬者にお礼の言葉を伝えて回ったり、挨拶をしたりするのは喪主の役目といえます。

ただ、受付係や会葬者への接待係などの役割は遺族や知り合いなどと協力して行う必要があります。
一部葬儀社のスタッフが担ってくれますが、遺族が何もしなくてもいいわけではありません。

事前にある程度の役割分担をしておいて、当日に慌てないようにしておきましょう。

3-2. 喪主挨拶の作成

喪主は通夜や告別式など複数回挨拶をする必要があります。
そのため、挨拶の原稿をしっかりと考えておきましょう。

喪主の挨拶では、参列してくださった方への感謝の気持ちや生前お世話になった方へのお礼の気持ちを伝えるのが基本です。
その他、故人の様子や故人への感謝の気持ちを伝えることもあります。

ネット上で挨拶文の例文を参照することができますが、自分の気持ちや言葉を大切にするのも大事です。
また、葬儀社の人に相談するのもおすすめです。

初めて挨拶をする場合、どういった文章を作成すればいいのか分からない人もいるので、葬儀社の方も相談に乗ってくれるでしょう。

3-3. 葬儀費用の分担をどうするか

葬儀費用は平均で150~200万円と高額ですが、費用の分担をどうするのか葬儀前に話し合っておくことが必要です。

親族が複数人いる場合は、費用の負担の割合を決めておかないと後々もめる可能性があります。
一般的には喪主が相続人として財産をもらい受けるケースが多いので、費用を支払うことが多いです。

ただ、喪主が負担できない場合には、兄弟姉妹や親などで分担することになります。
負担する金額などは全員が納得できる形になるまでしっかりと話し合うことが大切です。

 

4、葬儀後に遺族がやるべきこと

葬儀が終わった後も遺族の方はやるべきことがあります。
葬儀で頂いた香典の整理や葬儀費用の精算などはしっかりと行うべきです。

そこでここからは、葬儀後に遺族がやるべきことを解説していきます。

4-1. 葬儀費用の精算や香典返し

葬儀終了後、遺族は葬儀費用の精算や香典返しを行う必要があります。

葬儀費用は基本的に葬儀終了後に確定するので、その内容を確認して精算をしましょう。
また、それと合わせて香典の金額などを整理しておく必要もあります。

また、香典返しは葬儀後の初7日から忌明けまでに準備をする必要があり、品物に関しては香典の半額~三分の一を目安に返すようにしましょう。

最近では、即日返しといって香典をもらった日に現金で香典返しを渡すケースも出てきています。
香典返しなどに関しても分からないことは葬儀社に聞いてみると良いです。

4-2. お墓を用意する

葬儀が終わったら、火葬した遺灰をお墓に納骨することが多いですが、お墓が決まっていない場合は葬儀後からお墓を用意しなければいけません。

ただ、墓石を作成するとなると依頼してから完成までに約3か月はかかるので、できるならば生前に作成しておく方が良いです。
また、費用も100万円~150万円以上かかる場合もあるので、金銭的に余裕があるタイミングで作成しておくという手もあります。

 

5、葬儀を準備するときの注意点

葬儀を準備するときには、ただ葬儀社の指示に従っていればいいというわけではありません。
葬儀社との打ち合わせなどで葬儀プランや料金などをしっかりと確認していく必要があります。

そこでここからは、葬儀を準備するときの注意点を解説していきます。

5-1. 見積もりは複数社から取っておく

葬儀の準備をするときには、見積もりは複数社から取った方が良いです。

病院などから紹介された葬儀社を利用してもいいのですが、できれば複数社に見積もりを取って料金やサービス面を比べた方が良いでしょう。

また、葬儀社によって料金プランや葬儀内容は異なるので、実際に見積もりに来てもらって話を聞いてから決めるのがおすすめです。そのときのスタッフの対応で、その業者の接客力などを知ることができるというメリットもあります。

5-2. 葬儀プランの内容は詳細まで確認する

葬儀のプランは葬儀社によっても異なりますが、詳細までしっかりと確認することが大事です。

葬儀のプランは大まかにはそこまで複雑ではありませんが、細かいところまで打ち合わせをするとなると意外に細かく確認する必要があります。

葬儀の流れや参列者の人数の確認、通夜での飲食物の種類のチェック、費用の支払いのタイミングなどいろいろと決めなければいけない内容は多いです。

細かいところまでしっかりチェックするのは大変かもしれませんが、後悔のないようにしっかりと確認しておきましょう。

5-3. 生前予約を利用するなど早めに準備しておく

葬儀の準備は故人が亡くなってから始める場合が多いですが、余裕をもって準備するためにも生前予約を利用するなどして早めに準備を開始するのが大事です。

生前予約をしておけば、直前に葬儀プランで悩む心配もなく、実際に葬儀をするときに故人とのお別れに時間を取ることができます。また、複数見積もりも余裕をもってできますし、生前であれば本人を交えて話し合いをすることも可能です。

もちろん、急に亡くなった場合は準備が難しいですが、より良い葬儀にするためにも、早めに準備を開始することが大事です。

 

6、葬儀を依頼するなら【ファイナルプロデュース】

葬儀をするにあたって、葬儀社に相談をしながらプラン等を決めていきたい方もいると思います。
そんなときには「ファイナルプロデュース」がおすすめです。

ファイナルプロデュースでは、「突然の葬儀でどうしたらいいのか分からない」という方のために、遺族の方の立場に立って親身になって葬儀プランを提案しています。

また、ファイナルプロデュースには元ホテルマンや1級葬祭ディレクター・葬儀社のコンサルティング経験者などが在籍しているため、上質な葬儀を提供できるのも魅力です。

葬儀が初めてで不安がある方や納得がいく葬儀をしたいという方は、お気軽にご相談ください。

 

7、まとめ

 

葬儀の準備は通夜や告別式が本格的に始まる前からやらないといけません。
葬儀社選びや葬儀プランの選定、細かなサービス内容の打ち合わせなど葬儀の準備は大変ですが、故人をお見送りする葬儀を成功させるためには準備は必要です。

また、葬儀の準備で悩みがある方や相談に乗ってほしいという方は「ファイナルプロデュース」にご相談ください。
遺族の方の希望をくみ取り、親身になって対応いたします。

 

【満足度98% 東京の葬儀社(ファイナルプロデュース)】

お急ぎの方はまずお読みください。すぐにお迎えにあがれます。

深夜・早朝でも安心してお電話下さい

・病院、ご自宅、警察施設、どこへでもすぐにお迎えにあがります。
・追加料金は一切不要です。必要な費用のみで十分なお葬式ができます。
・何もお葬式のご準備ができていなくても心配ありません。全てお任せください。
・東京近郊エリア対応。他社で断られた方もご相談ください。
・ご予算、参列者数から最適なプランをご紹介いたします。
・24時間365日年中無休で専門スタッフが対応いたします。

詳しくはこちらへ