葬儀社選び方

【葬儀社の選び方】納得できる葬儀にするための5つのポイント!

葬儀をするときには葬儀社を選ぶ必要がありますが、どこの葬儀社を選べばいいのか分からないという方もいるでしょう。

・料金を比較する
・サービス内容で比較する
・支払い方法などの柔軟さで比較する

など葬儀社の選び方はたくさんありますが、知れば知るほど悩むということもあります。
そこでこの記事では、葬儀社の選び方のポイントを5つ解説していきます。

 

1、失敗しない葬儀社の選び方!ポイントは5つ

 

納得できる葬儀を行うためには、葬儀社の選び方が重要になります。
葬儀社選びを失敗してしまうと、費用がかなり高くなってしまったり、希望する葬儀内容を実現したりすることができないでしょう。

そこでここからは、葬儀選びを失敗しない方法として5つのポイントを解説していきます。

1-1. 葬儀費用が分かりやすい

葬儀社を選ぶときには、葬儀費用が分かりやすいかどうかを確認してみてください。

葬儀社では、一般葬から直葬(火葬式)までさまざまなプランを扱っていますが、斎場の規模や飾りつけの種類、返礼品の種類などによって費用は異なります。

また、葬儀費用としては以下のように葬儀一式費用・飲食接待費・宗教者へのお礼などに分けることが可能です。

【葬儀一式費用】
相場:120万円程度
・祭壇
・式場設営
・棺桶やドライアイスなどの備品
・式場利用費など

【飲食接待費】
相場:30万円程度
・通夜などの飲食をする費用
➔人数分用意する必要があるため、大規模になるだけ費用は増える。

【宗教者へのお礼】
相場:50万円程度
・読経や戒名などを依頼したときのお礼

このように、葬儀ではかなり細かく料金が設定されているので、料金プランが明確で分かりやすいところがいいです。
また、オプション料金として葬儀後に追加される料金もあるので、費用に関しては事前にしっかり説明をしてくれるところが良いでしょう。

見積もり時にどれくらい丁寧に費用面を説明してくれるか確認しておくことをおすすめします。

1-2. 親身になって相談に応じてくれる業者

葬儀社を選ぶときには、親身になって相談に乗ってくれる業者が良いです。

葬儀というのは頻繁に行うものではないので、必要な準備や葬儀内容などに詳しくない人もいます。
そんな中で、葬儀社のスタッフに費用や葬儀内容に関する説明をしたときに、嫌がるそぶりを見せずに相談に応じてくれるのであれば信頼できる業者といえます。

中には、十分に相談に応じることなく契約を急かしてくる業者や、自分たちが用意したプランを強引に押し付けてくるという業者もあります。相手の勢いに流されてしまうと、最終的に後悔が残る葬儀になりかねないので注意が必要です。

1-3. スタッフの対応が丁寧で口コミも良い業者

葬儀社を選ぶときには、スタッフの対応が丁寧で口コミも良い業者を選ぶと良いでしょう。

葬儀社にはさまざまなプランがありますが、たとえ価格が安いプランを選んだとしても、他のプランを選んだ人と変わらない態度で接してくれる業者が信頼できます。

また、見積もりを担当してくれる人の態度や性格などを見て、丁寧に対応してくれたと感じるのであれば葬儀の接客も期待できます。特に葬儀当日というのは、いろいろハプニングが起こりやすいものです。

参列者が予想以上で返礼品が足りないという事態や、参列者の座る椅子が足りないといったことも起こりえます。そうした際には、スタッフの方に頼る場面も増えるので、スタッフの対応は大事なのです。

また、見積もり時にスタッフの雰囲気や対応を見る以外にも、ネット上の口コミサイトを参考にするのも良いでしょう。
口コミサイトの評判がすべて正しいわけではありませんが、1つの意見として参考にするのはおすすめです。

葬儀社を選ぶ際には、複数の方法でスタッフの対応などを確認しておきましょう。

1-4. 支払日の期限や支払い方法が柔軟

葬儀社を選ぶときには、葬儀費用の支払日の期限や支払い方法が柔軟なところを選ぶという方法もあります。

葬儀社では、葬儀が終了してすぐに費用を支払うケースは少なく、一般的には葬儀終了後1週間~10日後に支払うことが多いです。

ただ、支払う側からするとその日までに大金を用意しないといけないので、ある程度葬儀から支払いまで日にちがあるほうが望ましいでしょう。中にはすぐに支払いを請求してくるところもあるようなので、見積もり時に支払日の確認はしておくことが大事です。

また、支払い方法に関しても現金での一括払い以外に分割払いやクレジットカード払いなど、柔軟性と選択肢がある葬儀社の方が良いでしょう。

葬儀費用は一般葬で約150~200万円かかるので、一括払いが難しい場合もあると思います。そういった場合は、分割払いができる葬儀社を選ぶと良いでしょう。

1-5. 納得できる葬儀をするなら【ファイナルプロデュース】

納得した葬儀をするのであれば「ファイナルプロデュース」を利用するのがおすすめです。

ファイナルプロデュースでは、葬儀を行う遺族の方に寄り添ったサービスを提供しており、質の高いスタッフが希望に沿った葬儀を実現しています。遺族の方の疑問や相談に耳を傾け、親身になってその方に合った解決策を提案。

「自分の親がなくなったらどういった提案をするだろう。」

と考えながらお客様と接することで、より当事者の立場に立ったサービスを提供できるように心がけています。

【ファイナルプロデュースの魅力】
・親身になって葬儀プランを提供
・見積もりの概算を事前に提示
・さまざまな状況に合わせて最適なアドバイス
・葛飾区や荒川区など都内に会館があるので利用しやすい

また、ファイナルプロデュースでは、見積もりの概算を事前に提示しているため、料金プランが分かりやすいです。
特に追加料金の可能性もしっかり教えてくれるので、気が付かない間に料金が上乗せされていたという事態も起きません。

さらに、ファイナルプロデュースが運営する式場・斎場は東京都葛飾区や荒川区など、都内の利用しやすい場所にあるため、利用しやすいのも魅力です。

利用者に寄り添うサービスが魅力のファイナルプロデュース。
葬儀の際には、利用を検討してみてください。

参考:ファイナルプロデュース社の詳細はこちら

 

2、葬儀社を選ぶ前に決めておくべきこと

葬儀社の選び方は解説してきましたが、葬儀社を選ぶ前に決めておくべきことがあります。
葬儀社といっても、扱っている葬儀の種類や宗教宗派は異なるので、あらかじめ決めておく必要があるのです。

そこでここからは、葬儀社を選ぶ前に決めておくべきことを解説していきます。

2-1. 葬儀の種類や規模

葬儀社を選ぶときには、葬儀の種類や規模を決める必要があります。

葬儀の種類としては

・一般葬
・家族葬
・一日葬
・直葬(火葬式)

などが一般的です。基本的には一般葬を選ぶ人が多いですが、最近では親しい人だけで行う家族葬や、1日で告別式と火葬だけ行う一日葬などを選ぶ人も増えています。

一般葬では参列する人が多い分式場費用などが多くかかりますが、内容は充実しています。逆に家族葬や一日葬の場合は、参列者が限られるので費用を抑えることが可能ですが、簡略化された葬儀です。

ちなみに、直葬は火葬だけなので、式場費や飲食費は全くかかりません。その分質素な葬儀になるので、その内容で後悔しないか考えたうえで選択することが大事になります。

葬儀の種類によって参列者の規模なども変わるので、故人や家族の人付き合いや人脈なども考慮したうえで葬儀の種類を決めておくことが大事です。

親族や勤め先の関係者、知人など、どれくらいの参列者が来るのかしっかり把握するようにしましょう。

2-2. 葬儀の宗教宗派

葬儀社を選ぶ前には、葬儀を行う宗教や宗派を決める必要があります。

葬儀の形式は宗教や宗派によってかなり異なります。日本では、仏式の葬儀を行う人が半数以上ですが、中には神道やキリスト教式の葬儀を希望する場合もあるでしょう。

また、最近では宗教宗派にとらわれない「自由葬(無宗教葬儀)」を行う人も出てきています。自由葬では故人が生前好きだった音楽を演奏したり、故人の作品を展示したりと比較的自由な形式が特徴です。

葬儀社によって対応している宗教宗派というのは違うので、事前にどの宗教宗派の葬儀に対応しているのか確認しておくことが大事でしょう。

 

3、葬儀社の種類別での選び方

葬儀社というと葬儀を専門に行っている業者だけしかないイメージですが、実はそれ以外にもあるのです。
冠婚葬祭のすべてを担っている業者もあるので、プラン内容も含めてチェックしておく必要があります。

そこでここからは、葬儀社の種類別での選び方を詳しく解説していきます。

3-1. 葬儀専門の葬儀社

一番一般的な葬儀社は、葬儀を専門に行っている「専門葬儀社」です。

専門葬儀社は葬儀だけを専門に行っている業者で、さまざまな宗教宗派の葬儀を取り扱っています。
また、プランに関しても一般葬から直葬まで幅広い種類の葬儀に対応している点も特徴です。

幅広い地域で運営している大規模な業者もあれば、個人経営で小規模な葬儀社もあります。

大規模な業者の場合は、しっかりとしたマニュアルやプランが揃っているので、通常の内容であれば問題なく葬儀を行うことができます。逆に小規模の業者の場合は、地域に密着したサービスにも対応していることがあるので、地元ならではの葬儀に対応してもらいたい場合はおすすめです。

3-2. 葬祭業関連の業者

葬儀社の中には、葬祭業関連の業者というのがあります。

葬祭業関連の業者というのは、墓地や仏壇、生花などを営みながら、葬儀社も経営している業者のことです。
今のように専門葬儀社が多くない時代から葬儀を行っており、地域の葬儀の風習や文化などに詳しいこともあります。

また、葬儀に必要な部品や装飾品などを提供する事業を行っているので、手配がしやすい点は魅力です。

3-3. 冠婚葬祭互助会

葬儀は「冠婚葬祭互助会」を利用することで実施することができます。

冠婚葬祭互助会というのは、毎月定額の掛け金を支払うことで冠婚葬祭のサービスが受けられるというものです。
実際の冠婚葬祭互助会としては以下のような業者が当てはまります。

【冠婚葬祭互助会の例】
・平安会館
・ベルコ
・さがみ典礼など

葬儀費用は高額なので掛け金では足りない場合もありますが、その場合は足りない分を追加で支払うことで葬儀を行うことが可能です。ただ、オプション料金は別途かかる可能性があるので、事前に確認しておきましょう。

3-4. インターネット仲介サービス業者

最近ではインターネット上で葬儀プランなどを掲載して申込を受け付けている「インターネット仲介サービス業者」を利用することで葬儀を契約することができます。

インターネット仲介サービス業者自体が葬儀をするというわけではなく、申込者の地域周辺の提携葬儀社を紹介するというサービスを提供しています。

具体的には「小さなお葬式」や「イオンのお葬式」などが当てはまりますが、葬儀社に直接依頼するより料金が安くなりやすいです。また、余計なサービスを排除したシンプルなプランも多いので、安く葬儀を済ませたいなら選択肢の1つといえます。

3-5. JA・生協系業者

JAや生協などの組合では、組合員を対象として葬儀サービスを提供している場合があります。

JAや生協では直接葬儀を実施しているところもあれば、受付業務だけ行って実際の葬儀は提携業者に依頼して行うところもあります。

ちなみに、JAの組合員でなくても葬儀をするタイミングで組合員に入ることで葬儀をすることができる場合もあります。
また、それ以外にも出資金を支払う場合や準組合員になるなどの条件をクリアしていれば、格安で葬儀を実施可能です。

JAや生協は全国に拠点があり、提携の葬儀社も多いので全国で利用することができるというメリットがあります。

 

4、葬儀社の選び方!タイミングで選ぶ方法

葬儀社の選び方が分かった人の中には「葬儀社を選ぶタイミングはいつなのか」ということが気になる人もいるでしょう。
葬儀社を決めるタイミングを知らないと、実際に葬儀社を決めるまで不安なままになってしまいます。

そこでここからは、葬儀社を選ぶタイミングについて解説していきます。

4-1. 遺体を安置してから決めることが多い

葬儀社を決めるタイミングは、遺体を安置してからが一般的です。

地方などではある程度選択できる葬儀社が限られている場合や、長年同じ葬儀社を利用するケースもあります。ただ、もし複数の葬儀社から選択できるのであれば、遺体を自宅に安置したタイミングで葬儀社を決めると良いでしょう。

ちなみに、遺体を病院などから自宅に搬送する場合には、葬儀社に依頼するケースが多いですが、必ずしもその葬儀社を選ぶ必要はありません。親しい人が亡くなって混乱しているかもしれませんが、料金やサービス等を検討したうえで選ぶことが大事です。

4-2. 生前に葬儀内容を決めておくこともできる

葬儀社は亡くなってから決めるのが一般的ですが、生前に決めておくこともできます。

遺体を安置してから葬儀社を決めるとなると時間的な問題から選択肢は狭まってしまいますし、複数社に見積もりを出してもらうのも難しいでしょう。

その点、時間のあるうちに複数社に見積もりをしてもらうことで、一番お得な業者を選ぶことができますし、本人と家族で話し合う時間も取ることができます。

事前に本人と家族で話し合うことで、本人と家族が納得できる葬儀内容にすることが可能です。

 

5、葬儀社の選び方のコツと注意点

葬儀社を選ぶときには、ホームページや口コミなどを確認して決める人も多いですが、実はそれだけでは満足の行く葬儀にすることができない可能性があります。

葬儀社を選ぶときにはできるだけ複数社の見積もりを取って、いろいろな葬儀社の意見を聞いてみることが大事です。
そこでここからは、葬儀社を選ぶときのコツと注意点を解説していきます。

5-1. 葬儀社からの見積もりは複数社取るのがおすすめ

葬儀社の見積もりは複数社から取るのがおすすめです。

見積もりが1社だけだと、料金が高いのかどうかも分かりにくいですし、その業者の対応が悪いと後悔の残る葬儀になってしまいます。その点、複数の見積もりを取ることで、料金面やプラン内容の違いなどを比較することが可能です。

葬儀をより良いものにするためには、複数社のプランを知ることが大事。
できれば生前から複数の葬儀社に見積もりを取るようにしましょう。

5-2. 葬儀社の言う通りに進めると後悔することも

葬儀内容を決めるときに、葬儀社のいうとおりに進めてしまうと後悔する原因になるケースがあります。

ついつい葬儀の専門家ということで、葬儀社のいいなりに葬儀プランや葬儀内容を決めがちですが、それはおすすめしません。
葬儀社の中には、そこまで必要のないオプションを入れたまま見積もりを出してくるところもあります。

本当に必要なサービスはないか精査しないと、割高で葬儀を行うことになりかねません。また、参列者の予想人数なども当事者の方がよく分かっているケースもあるので、しっかりと主張するところは主張するようにしてください。

しっかりと自分たちの希望を伝えることで、納得のいく葬儀にしましょう。

 

6、まとめ

 

ここまでで、葬儀社の選び方や選ぶときのポイントを解説してきました。葬儀社を選ぶときには費用の分かりやすさや、親身になって対応してくれるかなど幅広い観点から検討することが大事です。

また、専門葬儀社やインターネット仲介サービス業者など葬儀社の選択肢は多いので、生前の早い段階から検討し始めるのもおすすめです。

ちなみに、ファイナルプロデュースでは、遺族の方の立場に立って意向に沿った葬儀を行うことができます。また、一般葬から直葬までプランが豊富なのも魅力です。

葬儀を検討する際には、ぜひご相談ください。

 

【満足度98% 東京の葬儀社(ファイナルプロデュース)】

お急ぎの方はまずお読みください。すぐにお迎えにあがれます。

深夜・早朝でも安心してお電話下さい

・病院、ご自宅、警察施設、どこへでもすぐにお迎えにあがります。
・追加料金は一切不要です。必要な費用のみで十分なお葬式ができます。
・何もお葬式のご準備ができていなくても心配ありません。全てお任せください。
・東京近郊エリア対応。他社で断られた方もご相談ください。
・ご予算、参列者数から最適なプランをご紹介いたします。
・24時間365日年中無休で専門スタッフが対応いたします。

詳しくはこちらへ